看護留学・看護研修の専門会社トラベル・パートナーズです。世界で学ぶナースを応援します。ナース海外研修プログラムス。

看護留学体験談
留学お役立ち情報
海外看護視察レポート
モバイルサイト
facebook
留学・研修プログラム一覧
 ヨーロッパ視察の醍醐味は何といっても日本同様の超高齢化を前に、各国の先進的・実験的な興味深い取り組みを、直接、体験できることでしょうか。
 フランスの医療や介護の特徴の一つは、個人の尊厳と自由な選択を柱に、病院と地域、医療と介護の連携強化に新たな地域包括ケアシステム「MAIA」の導入や、地域に開かれた高齢者住宅の整備、特に「在宅入院HAD」は早期退院後の高度医療看護を自宅で提供し、「SSIAD」では在宅の看護介護を同時に提供する。また生き生きと働く開業看護師の姿も魅力的。これらの現場を視察します。
 また、オランダはかって「オランダ病」と呼ばれた経済低迷を奇跡的に脱却した国で、医療・介護においても“実験国家”として、改革を重ね、独特な取り組みと制度を持つ国です。オランダの“介護保険”といわれた「特別医療費補償制度」や、2007年には「社会支援法」で市町村の責任でインフォーマルケアを拡大し、民間参入促進や昨今はプライマリケアに重点をおいています。
 今回の視察では「高齢者住宅を拠点とした地域包括ケアと街づくり」や認知症の方の医福農連携「ケアファーム」、そして在宅ケアの「ビュートゾルフ」などを視察予定です。
 両国とも医療介護に詳しいベテラン通訳の解説と共に現場を訪問。一歩先行く現場のアイデイアから、大いに示唆を得られることでしょう。
 ヨーロッパの夏の終わりをワインと美食で楽しみながら、皆様の日頃の業務に大いに役立つ視察ツアーになることと思います。ぜひご一緒しましょう!
▲ページトップへ